• ホーム
  • 世界の株価と為替を知ることで株式投資に勝つ

世界の株価と為替を知ることで株式投資に勝つ

グラフ

世界の株価を知ること、為替を知るということは、株式投資において重要なことです。
それはどうしてでしょうか。
日経平均株価をドル円相場の動きなどを踏まえて説明をしていきます。
まず、株価が上昇するまたは下落するということはどういうことでしょうか。
前者は企業に対する信頼、すなわち、倒産しないとか、非常に大きい利益を得ているなどがあるということが言えます。
後者は前者の逆で、倒産の可能性がある、損益を何期にもわたって出しているということで、不安視されているということが言えます。
ところで、日本の場合円安になると日経平均株価が上昇するという傾向があります。
円安は円が手放されるわけですから、一見すると不思議なように感じますが、円安は今までいきわたらなかった人にも円が行き渡るようになるわけですから、景気が良くなりますし、そうすると購買意欲も増えますから、輸入業者などを除く国内企業は利益を得ることが出来ます。
だから輸出企業が多く入っている日経平均株価は上昇するということです。
また、日本の企業はアメリカにも現地法人を設立しているわけですから、米国に対しても商品やサービスなどを販売します。
もし米国の株価は全体的に高い状態にあるならば、米国の景気は好調であるということが言えます。
そうである状況ならば、日本企業が作ったものを買ってくれるという可能性は十分に高いわけですし、日本企業は収益を高めることが出来ます。
そうすると株価はもちろん上昇することになります。
以上の具体例から、米国の金融市場の動向を見ること、知るということは、国内での投資活動をするうえで大事な事であるということが言えます。
そして、日本の景気に大きく影響することも言えます。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索